カダフィ大佐

2011年10月21日
社員のつぶやき

カダフィが死んだ。 

42年間の独裁もしていたから自業自得といっても過言ではないかもしれないが、決してテレビが放送したような悪魔でもないと思う。1969年の無血革命をリードし、1973年建国した時に当然リビアの最高指導者になった。当時とても貧しかった国が40数年を渡って現在アフリカでは一人当たりGDPが一番高い国になった。反欧米だったから「砂漠の狂犬」と欧米に呼ばれていたが、「革命家」「民族英雄」と呼んだ人もたくさんいた。個人的にはカダフィ大佐が毀誉褒貶相半ばする人だったと思う。

 まあ、死んだ人は功罪と共にこの世の中に消えたから、いくら残酷なことをしていたと言っても怖がる必要はもうないだろう。というか、死んだ人より生きている人のほうが確実に怖い

以上、WebマーケティンググループのFからの独り言でした。

 


新着記事
2020.09.18セレモニー
2020.09.18海の漢
2020.09.16型抜き
月別アーカイブ