会社概要・沿革

システムグラフィの会社概要・沿革について掲載しております。

会社概要

会社名 株式会社システムグラフィ
設立年月日 平成9年9月11日
資本金 1,000万円
売上高 11億5千万円(2016年3月期)
本社 〒916-0038 福井県鯖江市下河端町414
Phone:0778-51-7132 Fax:0778-51-7135
営業所 東京・福岡・大阪・塚町オフィス
代表取締役 児玉 修一
取締役 取締役会長 山本 明男
取締役 鈴木 亜紀子
取締役 内藤 史郎
取締役 井下 裕史
監査役 川端 幸光
従業員数 65名(2014年4月1日現在)
社員平均年齢 29歳
主要取引先 株式会社ミマキエンジニアリング
富士フイルム株式会社
エム・ビー・エス株式会社
グラフテック株式会社
武藤工業株式会社
ダイナコムウェア株式会社
ローランド ディー.ジー.株式会社
業務内容 ●コンピュータソフトウエアの企画・開発・販売
●コンピュータ用デジタルデータの企画・開発・販売
●コンピュータ総合システムの企画・開発・販売
●ビジネスサプライ・メディア開発・企画・販売
●ホスティングサービス事業
●大判出力サービス企画・販売
●看板資材販売・開発・輸入
グループ会社 日本デジタルグラフィック株式会社
株式会社 トーコー資材紙商事
青島古莱菲商貿有限公司(中国)
有資格者 屋外広告士 8名
ウェブデザイン技能士 2名
備考 一般第2種通信事業者 D-16-314
防炎表示者登録認定番号 N-0966
プライバシーマーク使用許諾事業者認定番号 20001496(01)

組織

組織図1 組織図2

会社沿革

  • 1990/06

    ソフトウエア受託開発を開始。屋外広告業向けソフトウエアの独自開発・OEM 供給開始。

  • 1997/09

    資本金300万円にて(有)ディーコムを設立。コンピュータ用デジタルデータの企画・開発・販売を開始

  • 1998/04

    (有)ディーコムの資本金を1,000万円に増資、社名を(有)ディーコムより(株)システムグラフィに組織変更。
    ソフトウエア制作会社・システム機器販売各社へOEM供給開始

  • 1999/08

    FONTの字母をダイナフォントへ供給開始。この時からFONTのパッケージ販売が強化される

  • 2001/04

    全国に向けて溶剤プリントの出力サービスを開始
    現在の水性プリント、昇華プリント出力サービスの走りとなる

  • 2002/07

    溶剤プリンター用のインク、塩ビシートなどのサプライ販売開始

  • 2004/01

    (有)ビズナインと合併
    開発部の事業展開強化が始まり、ネットショップ第1号店「電脳ザウルス」およびWebホスティングサービス・専用サーバーサービス開始

  • 2005/09

    スクリーン市場の販売強化のため、日本デジタルグラフィック(株)と資本提携

  • 2006/02

    福井大学工学部知能システム工学科と産官学連携による「色空間補間カラーマネジメント」の研究

  • 2006/8

    福井県鯖江市下河端町414に本社屋を建設、移転

  • 2007/08

    無担保社債(私募債)2億円を 福邦銀行の引受けにより発行
    (2011年12月 無担保社債(私募債)2億円を完全早期償還)

  • 2007/09

    自社開発のドローソフトDIGIO(デジオ)4にバージョンアップ

    DIGIO 4
  • 2007/12

    看板施工事業の強化、看板資材研究のため(株)松村広芸社と資本提携
    資材開発強化のため、(有)トーコー資材紙商事と資本提携

  • 2008/10

    アパレル業界、捺染業界向けにダイレクト昇華システム「Texstylus(テキスタイラス)」を開発・販売を開始

  • 2009/09

    自社開発のリップソフトウエア「PrinterStation(プリンターステーション)」の確立
    自社開発CMSシステム「WEB-BOX」をリリース

  • 2010/09

    プライバシーマーク(Pマーク)使用許諾事業者の認定を受ける

    プライバシーマーク
  • 2012/01

    イタリアのラバーメーカーSISERと日本総代理店契約締結

    SISER
  • 2012/06

    版下フィルムプリントシステム「BlackJet」の開発、販売開始

  • 2013/02

    中国青島に現地法人「青島古莱菲商貿有限公司」を設立

  • 2016/02

    社長交代 児玉修一が代表取締役に就任