RIP開発・プロファイル

RIPソフト開発、プリンタ出力モジュール開発、カラーマネジメントを基盤とした印刷に関する開発技術で多様な業界のご要望にお答えします。

RIP開発・ハーフトーン処理技術

RIP開発・ハーフトーン処理技術
ベクタ画像であるPostScript形式ファイル(PS、EPS、AI、PDF)をラスタライズ変換して様々なデバイスへの出力を可能にするソフトウェアRIPの開発をはじめとして、プリンタ出力には欠かせないハーフトーン処理技術の開発を行っています。
弊社の技術基盤として、高品質なプリンタ出力を実現する誤差拡散技術の研究開発、高精細な版下作成を実現するスクリーニング(色分版・網点化)技術の研究開発を行い、さらに多様な出力要求に応える受託開発を通じてお客様とともに専門技術の蓄積と研鑽を進めてきました。

プリンタ出力モジュール開発

プリンタ出力モジュール開発
インクジェットプリンタ、レーザープリンタ、サーマルプリンタなど印字方式や機種を問わず、各種業界向け専用出力モジュールの開発を行っております。
弊社のTexStylusシリーズ(昇華印刷システム)、BlackJetシリーズ(版下作成のイメージセッターシステム)の研究開発はもとより、インクスロット制御、高い出力解像度で高精細印刷を実現するマルチパス形成、プロセスカラーと白インク・白トナーを組み合わせた特殊印刷、専用TIFFファイル変換出力など多岐に渡る独自技術で様々なご要望にお応えする受託開発を行っております。

カラーマネジメント

カラーマネジメント
業界標準のICCプロファイルによるカラーマネジメント機能を活用しながら、色変換技術、濃度補正技術、多色印刷の分版技術(おもにライトインク系)、プリンタキャリブレーション技術、インク・メディア・プリンタが異なる印刷物間の色再現技術など「色」に関する研究開発、受託開発を行っています。
また、弊社独自開発のRIPソフトウェアとプロファイルのノウハウを組み合わせ、特定業界向けのICCプロファイル作成をはじめとするカラーマネジメントサービスを提供しています。