花粉との戦い

2019年03月01日
社員のつぶやき
こんにちは。
総務 タキモトです。

今年の冬は雪もなく、、福井の冬ではないようなポカポカnoteと暖かい日が続いております。
なので、今年は花粉が飛ぶのが早いようで、症状に悩まされてる方も多いと思います。

花粉症対策にはマスク。
家族が昨年から使い始めたDRCのマスクが優れもので、
このマスクをつけると症状が治まるそうです。

どのようなマスクかと言いますと・・・

DR.C医薬の「花粉を水に変えるマスク」は花粉の中のタンパク質を分解、水に変えるとして注目を浴びています。
ハイドロ銀チタンでできたマスクは、細菌・ウイルス・黄砂・pm2.5防御フィルターも採用しており、
汗や匂いのタンパク質も分解するというハイスペックな代物。
難点は、ハイドロ銀チタンは光によって性能が上がるため、時間経過によってマスクの効果が
下がってしまうこと、また、スクなからず皮膚にも影響があるため、1日の着用時間は12時間以内という決まりが出てしまうところです。
因みに、「水に変える」という商品名ですが、本当に花粉が水に変化してしまうのではなく、花粉を分解する際に化学変化が起こり、そこで水(水分)が出てしまうというだけです。

だ、そうです。

花粉症に悩まされてる方、一度お試し下さいませ。wink




 
新着記事
2019.05.24無題
2019.05.24旅行★
2019.05.17目標